効果買取情報

初心者でも簡単に判別できる!着物買取業者に売れない着物を見分ける方法

更新日:

着る機会の無くなった着物は売却して少しでも家計の足しにしたいですよね。
ただ着物買取の査定が厳しくて、まともな価格にならないという話もよく耳にします。
せっかくタンスから引っ張り出して業者に持って行ったのに買取拒否では時間の無駄です。
そこで売れない着物を見分けるポイントを教えます。
着物の知識が無くても見れば分かるポイントに絞って紹介していますから、所有する着物が売れるか自分で判断できるようになりますよ。
加えて、着物が売れない理由や個人で売る方法など着物を売る際に役に立つ情報も解説しますので是非、読んでください。

着物買取で売れないものの特徴

着物買取で売れないものには共通の特徴があります。
この特徴を把握しておけば売れる着物かどうかすぐに判断できます。
遺品を整理していて大量の着物が出てきた場合、何の基準もなしに売れる着物を探し出すのは難しいです。
ただ時間ばかりが過ぎて、その日のうちに買取業者の店舗に持っていくことはできないでしょう。
ここで紹介する売れない着物の特徴は、どれも一目で判別できるものばかりですから短時間で売れる着物を選び出せますよ。

着物に目立つ汚れがある

シミ、変色、カビなど長期間タンスに保管しておいた着物には汚れが付くことがあります。
当時は目立たないシミであっても、保存状態が悪いと酸化してシミが色濃くなるケースも少なくありません。

着物買取の査定でも一目で分かる汚れがある場合は評価は低くなります。
買取を拒否されることも珍しくありません。

クリーニングに出して汚れを落としてから査定してもらうことも可能ですが、着物の染み抜きは特別料金となっているケースもあります。
その場合、費用ばかりかかって損するリスクもあります。

目が行くような汚れがある着物は基本的に買い取ってもらえないと判断しましょう。

気になるニオイがする

古着にはタバコや防虫剤など気になるニオイが付いていることがあります。
そのため古着を買い慣れている人は必ずニオイを調べます。
着物買取業者もこのことを知っていて、嫌なニオイの付いたものは買取を断ることが多いです。

特に嫌がられるのはタバコやカビのニオイです。
来ている本人が気分を害するのはもちろん、周囲に嫌な思いをさせます。

メンテナンスの難しさも問題です。
繊維にもぐりこんだニオイ成分はクリーニングでもなかなか落ちません。
売れる状態に戻せないので業者が買取拒否するのも当然でしょう。

喪服である

着物は古着市場でも特に需要が無いことで知られています。
その中でも喪服は買い手がいないことで有名です。
喪服は着る機会が少ないにもかかわらず価格が安くありません。
そのため最近では多くの人が喪服をレンタルで済ませます。
価格の安いリサイクル品すら購入されません。

遺品整理で喪服が見つかったら品物を確かめることなく処分して問題ないでしょう。
もしくは自分で着ることを考えてください。

虫の付きやすい繊維が使われている

ウールなど虫に食われやすい繊維を使っている着物も買取を断られる傾向があります。
無に食われやすい繊維の場合、防虫剤を切らすと商品がダメになります。
着物にニオイの付かない防虫剤は高く、メンテナンスコストがかさむため着物販売業者は利用したがらりません。

虫の被害に遭いやすい繊維を使っている着物だった場合、どこかが虫に食われていないかチェックするコストも馬鹿になりません。
査定に時間がかかると対応できるお客の数が減ってしまいます。

ウールだからといって特別高額で取引されているわけでもないので、コストばかりかかり見返りがありません。

長年タンスに保存してきたらなら、どこかしら虫に食われている可能性が高いです。
ウールなど虫被害に遭いやすい繊維を使った着物も処分するのが賢明でしょう。

着物買取で着物が売れない社会的理由

着物を着る機会が減っている

現代の日本において着物を着ている機会は数えるほどしかありません。
代表的なのは成人式の晴れ着と冠婚葬祭ですが、会場を見渡せばスーツなどの洋服を着ている方が多数派なのが分かります。
華やかな着物姿の女性も半数以上はレンタルですから、本当に着物を所有している人は数えるほどしかいないでしょう。

実際、着物業界の売上は2007年から2012年にかけて20%以上落ち込みました。
ここ5年は下げ止まっていますが、需要が回復する見込みは薄いです。

着物買取業者も当然この流れは把握していますから、売れる見込みのない着物を買い取ることはありません。
レンタル着物では満足できない高級志向のユーザーにアプローチできるよう、状態の良いブランド物にしか値がつかないのも当然と言えます。

メンテナンスにお金がかかる

古着を売る際は少しでも状態を良くするために洗濯したり、ほつれがあれば繕ったりします。
着物の場合、手軽に洗濯機で洗ったり素人の針仕事で修繕したりすることはできません。
専門家の手に委ねることになるので修繕費が思った以上にかかってしまいます。
売るためにお金がかかるようでは本末転倒ですから、処分してしまう人も多いです。

このことは古着販売業者にも頭の痛い問題です。
着物のメンテナンスに費用がかかるので、店頭で売れる着物以外は買取を拒否することも少なくありません。

骨董品としての価値が認められることが少ない

陶器や掛塾などの日本の古美術は骨董品として価値が広く認められて、高値で売買されています。
これらと同じように着物は専門的知識と技術を持った職人によって作られていますが、美術品としての価値は一般的とは言えません。
古美術の市場でも着物が取引されることは稀でしょう。

壺などに比べ傷みやすくメンテナンスに手間がかかるので部屋に気軽に飾ることもできません。
結局は古着市場で扱われることになるので、実用的でない着物は値段がつかないか買取を拒否されることになります。

着物買取に売れない時の売却先

着物買取に売れない時でも次の方法で着物を売却できます。

・ネットオークションやフリマアプリを利用して個人間取引で売る
・小さな街の商店で委託販売してもらう

ネットオークションやフリマアプリは誰でも無料でスグ利用できるので、早く現金が必要なケースで便利です。
特にフリマアプリは着物の写真を撮って、指定の住所に着物を送っておけば後は業者が買い手のところに発送してくれるので負担が少ないのがメリット。
アプリが分かりやすく販売手順を解説してくれるので初心者でもスムーズに作業を進められます。
注意したいのは商品の詳細について十分に説明する必要があることです。
ニオイや汚れについては写真付きでしっかり説明しないとトラブルになります。

街の個人商店で委託販売する場合はさらに単純です。
着物をお店に持って行って店主が了承すれば着物を店内に置いてもらえます。
販売額は基本的に自分で決められます。
売れた場合は売り上げから2~3割を手数料として取られるのが相場です。
難点は売れるまで時間がかかること。最悪売れずに店主から引き取るよう言われることもあります。

着物買取を拒否されないためには?

着物を個人で売却するのは手間がかかります。
現金をいつ受け取れるかも分かりませんし、トラブルにも遭いやすいでしょう。
そこで着物買取業者の査定でまともな評価をしてもらえるポイントを紹介します。

購入から10年以内に売却する

販売から時間の経過した着物は査定で評価されません。
着物はファッション衣料に比べれば流行が変わるスピードが緩やかですが、それでも変化していきます。
10年以上前の型はさすがに古さを感じさせますから商品としての価値がありません。
着物を売却するつもりなら購入から10年以内に行いましょう。

適切に保存する

査定で買取価格を大きく下げるのは汚れやニオイです。
いずれも管理方法に問題があるのが原因で起きます。
最後には売ろうと考えているなら通気性が良く、ニオイの付かない防虫剤でしっかりと保管しましょう。

大きめの着物を購入する

日本人の平均身長は年々上がってきています。
この傾向は今後も続くでしょう。
サイズの大きい着物は調整することが可能ですが、小さいものは無理です。
自分の後の世代も着れる着物でないと古着市場では商品価値がありません。
着物を購入する時は少しでも大きめのサイズを選びましょう。

着物買取はネットの方が売れる?

着物を売る場合、ネットか実店舗どちらが価格が付きやすいのでしょうか?
実はネットの着物買取の方が買取価格が付きやすいんです。
実店舗は日本国内の市場で販売することを念頭に商売をしていますが、ネットの業者は世界の市場を相手にしているところがあります。
東南アジアの諸国では日本のリユース品は大変人気なんです。
あちらでは一般的でない日本の伝統工芸品なども売れています。
着物も自分が着るというよりは室内に飾るオブジェクトとしての需要があるようです。
そういった市場にアプローチできるネットの買取業者の方がB級品を売却するのには向いているでしょう。

-効果買取情報

Copyright© 着物買取で相場より高く売れるコツとおすすめ業者を徹底調査!高額買取ランキングを紹介! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.